<<  緯吉野九寸帯地 飼いはじめて15年くらいの亀。 >>
『岩崎 訓久・悦子 染織展  墨灰色から乳灰色へ』
2009年3月26日(木) ~ 4月5日(日)    ※月曜定休
11:00~20:00 (最終日は18:00まで)
伊と忠GINZA にて

見えないけれど見えるもの。
見えているけど見えないもの。

4歳の娘と視力検査をした6歳の息子が、なぜか興奮気味に
「かぁたん、『見える』ってスゴイね!しょうこちゃんと僕はおんなじものが見えていたんだ・・・。」
「・・・ん!?」

織物を日々つくっている私達。
実は目の錯覚、けっこう好きだったりします。
一見、何てことはない無地のような・・・。でも寄ってみると、無地ではない。
離れて見ればグレーのような・・・。でも近づくと、何種類かの色で構成されていたり。
とくに着尺や帯地となれば
織り地として 見える面積が多いもの。
今回、ギリギリの引き算から多くのものが見えてきたような気がしています。

今日は啓蟄。
伊と忠ギンザさんで発表する新作を、
これからひとつずつご紹介してゆこうと思います。
by senshoku-iwasaki | 2009-03-05 21:40 | 展示会・お知らせ
<<  緯吉野九寸帯地 飼いはじめて15年くらいの亀。 >>