<< 杉綾紬着尺。 名物裂・間道をモチーフにしたネ... >>
杉綾・8寸単帯。
f0177373_9574012.jpg
これは単帯としては長め1丈1尺九寸(約4.5メートル)で織りました。
ふつう 単帯というと、だいたい3.8~4.0メートルくらいなのですが
先日紹介した、間道の帯と同じ趣旨で
身体の細い人も太めな人も、巻き方結び方がイロイロ楽しめたら・・・
と思ったワケです。切ることはいつでも出来ますから。 

綾は斜めの線が美しいので、斜めで市松のように織りました。
この、緯糸も宮坂製糸所の緒糸。
以前も触れましたが、糸口を探すときにできる糸。
イワサキは結成18年になりますが、 
ずっとイワサキらしい
『民藝』を探し続けてきた気がしています。
こんな 実に何でもない帯地ですが
18年目にやっと見つけられた、私たちにとっての糸口のように思うのです。




f0177373_10344334.jpg






   『岩崎 訓久・悦子 染織展  墨灰色から乳灰色へ』
   2009年3月26日(木) ~ 4月5日(日)    
   ※月曜定休
   11:00~20:00 (最終日は18:00まで)
   伊と忠GINZA にて
by senshoku-iwasaki | 2009-03-20 10:36 | 着尺・帯
<< 杉綾紬着尺。 名物裂・間道をモチーフにしたネ... >>