<< Vの視覚詩 ヘリンボーン 現在、取り掛かっている仕事は、 >>
ヘリンボーン・帯地
f0177373_17562516.jpg
カタチあるものは、シンプルで美しいデザインのものが
たくさんあるけれど、テキスタイルというと どうしても
色、柄、糸味、といったあたりに重きがある気がして。
7年位前に 実にどうってことない、華美じゃなく糸味
にも頼らない帯が作りたくて織った帯地がこの規格。
(当時、「コレでは語れない」とある着物屋さんから一蹴。《笑》)
たて糸は絹の双糸。
節がなくて、すべりがよくて強いから昔から機械織り
にも使われると、手織りの紬作家の多くの方々は
使いたがらないし、「こんな糸使ってちゃダメよ。」
と叱られたこともありましたっけ。
でも今の機械技術はスゴイから、一昔前は機械にか
けられなかったような、撚りの甘い糸でさえ布になる。

もうちょっと柔軟に考えると
節がなくて、すべりがよくて強いというのは、帯には
とっても向いていて。しかもヘリンボーン。 
                                ジャケット地などでお馴染みの 丈夫な織りの代表選手。

当時の帯は、洋装でもいつもオシャレなKさんが一目で気に入ってくれて、今もご愛用いただいていますが、
そのときのサンプルを見て、「色違いを」と依頼され制作中なのがコレ。(「語れない帯」のご依頼主は、京都・着物ギャラリー鄙美さん。)
機械織りみたいでも、洋服地みたいと言われても、手織りの意味ないとけなされても、
それでもアリなんじゃないかなぁ・・・。
iwasakiでは大アリ!!
by senshoku-iwasaki | 2009-09-26 19:57 | 着尺・帯
<< Vの視覚詩 ヘリンボーン 現在、取り掛かっている仕事は、 >>