<< 工房展で展示している山形斜文八... 工房展始まりました。 >>
食欲ばかりの(!?)秋
昨日夕方。
お隣の囁風庵・藍の北村さんが工房展にいらしてくれ・・・。
毎冬、「川合さんと一緒に作っている(というより、毎冬川合さんの仕込みに参加させてもらっ
てる・・・というほうが正しいかも!?)お味噌に、黒豚のかたまり肉を漬け込んで・・・
それを鍋にしたら美味しいかったのよ!」の言葉に食いしん坊のワタシは大反応!!
川合さんのお味噌は、三河の豆味噌で 3年ほど寝かすと赤だしのようなお味噌で。お味噌汁はモチロン、
ホイコーローなど豚バラやナスなんかとも相性の良いお味噌なのですけど。
「えっ!それはどれくらい・・・?」
「お味噌にお砂糖とかお酒は入れる?」
「冷蔵庫はチルド室でないとダメ?」
などなど・・・もはやイワサキの織物の説明なんてすっかり忘れはて・・・。

「今日 わたし一人だから、これから岩崎さんみんなでいらして!鍋だからスグできちゃうから!」
と北山さん。
「そんなそんな・・・急に押しかけちゃぁ・・・」などと言いながらも結局、図々しく一家で囁風庵の囲炉裏端。

お鍋はおだしと豆乳仕立てで、牛蒡に蓮根、水菜にえのきに大根・・・。いろんなお野菜のダシが出ていて、
更に味噌漬けのお肉。一番上にはなんとも味のあるイカが・・・。
深いのです。味が。うーん・・・おいし~。
これにはイワサキ一家、一同「まいう~!」
我が家は 夫が豆腐好き、5歳の娘はポン酢好き、7歳の息子はちゃんこ好き、(ワタシは手抜きで)・・
よって 冬は3日に1回鍋が登場します。これは是非とも取り入れたいお鍋でした。

一夜明けても・・・気になるのはあのイカ。
今日は北山さんのお台所までお邪魔しちゃいました^^
それで納得。北山さんお手製の塩辛だったのです。
北山さんの塩辛は、あえてワタに漬けず 身とワタそれぞれに塩をして食べるときに和えたり(昨日は身だけ)
「このワタはね、朴葉にのせて焼いてもおいしいの!」
・・・にゃるほど・・・。ワタシも夫もお酒は全く呑めませんが、なんかこの美味しさは想像できます。

「工房の囲炉裏、残しておけばよかったかしら!?」ワタシ。
「でもエツコさん、そしたらこうやって展示できませんけど・・・。」夫。
スミマセン。またまた食べるほうにしかベクトルが向いていませんでした。(笑)
by senshoku-iwasaki | 2009-10-26 21:59 | 岩崎のある日
<< 工房展で展示している山形斜文八... 工房展始まりました。 >>