<< 大島×柳橋・梅花亭      の紬 益子で展示会。 >>
寂しくなりました。
イワサキはこの町に来て11年。
幼少の頃から あんまり気管支が(というより身体全体!?)強くないのが共通のイワサキ夫婦。
案の定、子供たちも・・・。
ご近所の、富河医院には随分とお世話になっていて、同世代の若先生の的確な処方で、息子などは
喘息持ちのくせに、私たちの展示会の都合で学校を休ませたっきりで、以外は休んだことが無いくらい。
親たちよりも はるかに親孝行。
そんなワケで、患者さんも多くて、
若先生と 大先生が、昭和の香りのする清潔な病院でそれぞれ診察されていて。
私はよく、大先生に診ていただいたのだけど・・・。
大先生は、70代なのにスラーッと長身で、カッコ良くて、だけどなんか飄々としていて話が面白いのだ。
奥様のお兄様や、お友達の方に芸大出身の人も多くて、著名な建築家の方があったり・・・。
自慢話や昔話じゃなくて、こんなにしゃべっていて面白い人は 私はあんまり知らない。
40年ほど前に、ご自宅を改装しようと考えた際に その建築家の方が、(また素晴らしい!)
もともとの木造のお宅がとてもイイので、増築にしましょうと提案されたらしく。
それがまたカッコイイのだ・・。当時の建築雑誌にも載ってたりするのだけど、純日本建築の平屋に、
増床部分がフローリングの、なんと対面キッチンで、当初は、グローエの水栓に、ビルトインコンロ。
レンジフードがまた・・・カッコイイ(泣)。私の生まれ育った、千葉の実家の文化住宅とはえらい違う・・・。
ダイニングのイスがまた・・・その頃から一度張替えをされたという、使い込まれたマルセル・ブロイヤーの
チェスカチェアーが10客くらいあって・・・。
今でもかなり不便なこの地域にあって、これだけモダンに、でも丁寧に、華美でなく、豊かな知性や感性が
にじみ出ているような お住まい。そして医院。このお宅の家族の方々すべてのお人柄。

先ほど お通夜からもどってきた夫は、「葬儀会場は人と車がいっぱいで・・・」
大先生のお話、もっと聞きたかったなぁ・・・。
by senshoku-iwasaki | 2010-01-25 22:14 | 岩崎のある日
<< 大島×柳橋・梅花亭      の紬 益子で展示会。 >>