<< 私にとってはキングオブ最中。柳... 寂しくなりました。 >>
大島×柳橋・梅花亭      の紬
f0177373_19404025.jpg
昨年末のイワサキの機上会議。
「あのさ~。大島紬の絣糸を、
たて糸に混ぜて着尺を作ったら
と思うんだけど・・・」夫。
「イイね~!アタシやりたいコト
あるのよ・・。
大島の絣糸は よこ糸用で、
たて糸に使うには扱いにくそうだけれど・・・。
シルバーグレーの、節のある
玉糸とあわせて・・・どうよ」私。
「あ~。いかにも自家織物
らしい感じだねぇ・・・。」夫。
「イメージは、柳橋の梅花亭
包み紙!」私。
「ふむふむ・・・了解。」夫。
柳橋にある、和菓子屋さん 
「梅花亭」は、夫の実家の近くにあり20年くらい前に初めて夫の実家に伺った折、出されたお菓子がこちらの梅最中。
もともと あんこが大好きの私。美味しいと評判の、有名な最中もイロイロ食べてはおりましたが・・・
ここの梅最中を、初めて口に入れたときの衝撃ときたら・・・!!とにかく・・・以来私にとってはキングオブ最中。
「ちょっとあーた、こんなに美味しいもの普通に食べて育ったの!?」
そんなことで(!?)夫に対してヘンな尊敬まで芽生えてしまって・・・今日に至ってしまいまして。
上京の折には自分へのご褒美は、「柳橋 梅花亭」と決めております・・・。
チャコールグレー地に、シルバーグレーで ばいかてい・・・と小さな小さな文字が並べてある、こちらの包装紙。
小粋な感じが、柳橋が芸者さんたちで賑わっていたころのスイーツかしら?と勝手に想像してしまうのだけど。
「ばいかてい」の文字が微妙にずらしてあって、新国誠一の視覚詩のようにも織物のようにも見えて、一体
どんな方がデザインされたんだろう・・・?と、いつも思っておりますが、夫が言うには昔っからこうだったとの
ことで、そのうちお店の人に聞いてみたいなぁ・・・。

そんなこんなで 最新作の紬は、こんな感じで結構イイ感じ。だと思っておりますが、
困ったことに、昨年私に突然襲い掛かった(!?)老眼が!!この柄は糸が見えなくなって四苦八苦。
ローガンショックと、日々夫に訴えつつも無視され続けております。
でも このブログを書くのに、「梅花亭の包装紙が要るよね~」と私のしつこいナゾかけに、なんと楽天ショップ
にこちらのお店を発見!涙ナミダのお取り寄せ。「なんて便利な世の中になったのぉ~!」と喜びつつも、
やっぱり 出来たらあの、柳橋の川沿いにあるこじんまりとしたお店で、その空気とともに買いたいなぁ・・・。

f0177373_19415932.jpg
f0177373_2165052.jpg
by senshoku-iwasaki | 2010-01-26 21:16 | 着尺・帯
<< 私にとってはキングオブ最中。柳... 寂しくなりました。 >>