<< お幸せに! 在廊日 >>
詩人心
晩紅舎さんでの展覧会。
初日から3日間 在廊しておりました。
東京も寒~い寒~いお天気で、冷たい雨は降る、雪は降る・・・まるでカナダのオリンピック会場のようでした。
そんな中でも おいでいただいたお客さま・・・本当にありがとうございました!!
会期は まだ続きますから、ぜひぜひ ご覧いただけたら・・・嬉しいです。
山口さんの 漆のジュエリーは、金属のような独特の質感と計算されたフォルム、驚きの軽さです。
こちらのほうも ぜひぜひ じっくりとご覧頂きたいです。
カメラを持っていきながら、写真を撮ってくるのをすっかり忘れた私・・・。会場の画像がアップできず残念です。

オーナーの八田さんのお父様、八田木枯さんという 俳人の方なのですが。(晩紅舎さんのHPに、木枯さんの季節の句がありますので そちらもぜひ!)何度かお目にかかることが出来、うれしく思いました。
80代とは思えない、フットワークと 飄々とされた独特の雰囲気・・・俳句、という最も短く制限のあるなかで
詩をつくり続けておられる人生。カッコイイなぁ・・・と、ただ思ってしまいました。
といっても、私のような詩人心がない人間には、到底たどり着けない領域。
こちらに戻って、昨日さっそく織りながら・・・
「う~ん・・・。詩人心、欲しいなぁ・・。」
「エツコさん、その、『詩人心(シジンゴコロ)』というエツコさんの言葉にすでに詩的センスを感じませんケド・・」
ムリかぁ・・・。
by senshoku-iwasaki | 2010-02-19 10:32 | 展示会・お知らせ
<< お幸せに! 在廊日 >>