<< Mさんの紬。 『下町のブルースが聴こえる』 >>
アレルギー体質。
このところ・・・もう3週間くらい前からスギ花粉を感じ始めて。
上あごはかゆいし、鼻水は出るし、それでなくても(年のせいか・・・)渇き気味の目はゴロゴロするし・・。
とはいっても。
なんだか こっちに来てから真冬以外は一年中、調子悪かったりするので、
野山が多いと、いろんな草の花粉も多くて 都心ではなかったアレルギー反応があったりする。
一人だけ ローションティッシュを抱え持って仕事をしていたものの・・・。

いつも混んでる、富河医院に今日はあんまり車が止まっていないのを発見!
(こちらの飯野先生も花粉症なので、同じ苦しみがワカルお医者さんなのだ・・・)
またお薬をもらって・・・と思っていたのだけど。

自分の症状を言いながら・・・・「先生は今年、どんな感じですか?」と聞いてみると・・

「ボクは 今年はもう注射しちゃった・・・」

「違いますか?」

「違いますよ~。あ・・・ただ、ステロイド系のものだから、全ての方にオススメではないですけれど。」


そうはいっても 憂鬱な気持ちで5月のひのきの頃まで過ごすより、私も注射してもらうことに。

工房で
クニヒサが次にかかる、赤城の節糸をつかった夏帯の準備をしながら・・・

「あ~!なんかやっぱり 鼻の調子、いつもよりイイかも!?だわ・・・。」


「・・・・・。」ありゃ・・・なんか具合悪そうなクニヒサ。


「あれぇ!?おとーさん、どーかした?」


夏帯はセリシンをのこした、硬い絹糸を使うのだけれど、このセリシン、シルクアレルギーのクニヒサは過敏に反応。

「エツコさん・・・。この作業、ちょっと替わって・・・。」


身体が弱いと、ちょっとしたことでもムリをしてこじらす怖さを知っているものだから、
あんまりムリができないのだけれど。チームイワサキは、二人してアレルギー体質なものだから、多分、
一病息災で、意外とこのアレルゲンたちと それなりに仲良くつきあっていけそうな気がするから不思議。
by senshoku-iwasaki | 2010-03-03 21:40 | 岩崎のある日
<< Mさんの紬。 『下町のブルースが聴こえる』 >>