<< 長崎文明堂の桃カステラ この季節、工房には やたらカメ... >>
南部町万沢・杉山 白髭神社の桜
f0177373_16191352.jpg
先日・・・ご近所の富河医院での出来事。
「岩崎さん 万沢の杉山でかなり古い桜の木を
切ったらしくて・・・要ります?神社でね。
患者さんの氏子さんが言っていたから・・・」
「・・・杉山といいますと・・・?」
このまちに来て10年が経つけど、行ったこと
がないエリア。ちょっと興味が湧いてきて・・・。
結局、先生がわざわざ電話で聞いてくれ・・・
「そのまま神社にあるから、好きなだけ
持っていってくれて良いそうですよ。」

標識を頼りに行ってみると・・・。
どうやら見落としてしまったのか、その先の集落
まで行ってしまって。諦めかけた帰り道に発見!
『白髭神社』
ほほーっ。
かーなりイイ感じの古さ&こぢんまり感です。
「誰か知らねぇ人間が来たな・・・」てな感じで私達
を見る、神社の隣の畑で農作業中のおかあさんに
事情を話すと
「枯れはじめてな。危ないってんで切ったようだよ。
色が出るんかなぁ・・・。上がって見てみて。」

f0177373_16532956.jpg
うわぁっ!!デカっ!
それも1本2本ではなく・・・。確かに切り株の
巨木の芯が枯れているものの、小枝はちゃんと
芽吹いておりました。
ありがたく染められる分だけ 何本か枝と幹、
そして皮をわけてもらいました。

お賽銭箱に 持っていた小銭300円を入れ
桜の木をわけてもらったことと、どうにか
これで良い織物ができますように・・・とお願い
してきましたが。御神体らしきものが・・・
どうにも木彫りの大黒様のようにも見えて。
山の中の神社だから
何の神様を奉っているのかしら!?と
帰ってから調べてみると。
どうやら道の神様のようです。

世の中 不況で大変キビシイ中、ちっぽけな
染織iwasakiが どれだけ作り続けることが
できるかもわかりませんが(トホホ・・・)
白髭神社の神様が、進むべき道をぼんやりと
照らしてくれたような気もします。
by senshoku-iwasaki | 2010-03-14 17:26 | 素材
<< 長崎文明堂の桃カステラ この季節、工房には やたらカメ... >>