<< 竹の子シーズン。 さくら散る・・・いやいや 花道。 >>
高級でB級な直球を!
f0177373_20155989.jpg
岡谷の宮坂製糸さんの横挽き
(上州式)玉糸。110デニール
の太い原糸を3本撚りに撚糸
してもらったもの。
一昨年前から暖めてきた
『とっておき』の太めの糸。
クニヒサがシルクアレルギーと
いうこともあって、敬遠してきた
精練でしたが(笑)20年振りに
やってみました。
精練は、アルカリでシルクの
セリシンを落とす作業。この方法
にもいろんなやり方があります。
灰汁を使うときは、その灰にワラ
を使うとか雑木の灰にするとか・・
今は酵素練りのものが主流です
が・・。今回は石鹸を使いました。
手織りの意味とか意義といったものは、なんともう80年くらいも前からインテリな手織り作家の中では議論されていたことです。機械にかけられる糸をわざわざ使って手織りするなんてイミがないのでは!と・・・。
そんな出版物を目にする度に、当時の生活格差ってスゴカッタのね~。なんて思ってしまいますが。
ただ、自動繰糸機を使って大量生産された生糸を使ったからといって、手織りの意義が無いとも限らないと今の私たちは考えています。そんな私たち夫婦ですけれど、もともと素朴な自家織物が好きで、郡上紬の風合いが好きで織物の世界に入り込んでしまっているので・・・その辺り・・いっつも考えてしまうところデス。
玉糸はもともとは、たまたま1個の繭に2匹の蚕が入ってしまって出来た玉繭が、自動繰糸機にかけられないために
はじかれたものを集めて、座繰りで挽いた自家用=B級の糸のことでして。それで織られたものが味わい深く・・。紬にはかかせない糸となっていますが、今は、玉繭も商品として作り、玉糸の節も玉繭の配合率で自在に節の感じを作っているものです。100%玉繭だからといって、機械にかけられないわけでもないのも現実。
じゃ、何が手織りの良さなんかなぁ・・・?
それはきっと、いろんな風合いのものが少しずつ織れることかもしれません。
さらっとした、キレイな感じの織物やらゴツゴツとした野暮ったい織物や・・。

高級な 手づくりの宮坂さんの糸を使って今回は、昔の農村の片隅で農閑期にお婆さんが織っていたような、愛おしいB級な感じの織物を作ってみようと思います。
私たちのことだからできる限り『なんてことない』『とっておき』にしたいと思っております・・・。
by senshoku-iwasaki | 2010-04-09 21:35 | 素材
<< 竹の子シーズン。 さくら散る・・・いやいや 花道。 >>