<< 工房から五十歩ほど、 工房の周りにたくさんウラシマソウが。 >>
一衣舎春展に行ってきました。
学童保育も保育所も タイムリミットは夕方の6時!
とんぼ返りで 一衣舎さんの春展を見に、世田谷区の妙壽寺に行ってきました。
私は 今回はじめて見せていただいたので、その内容とボリュームに驚きました。
なんせ、全国の作り手の仕事を目の当たりにしまして・・・。
自分たちは 織物を作っているけれど、染めの江戸小紋も更紗もステキだなぁ・・・とつくづく思いましたし、
茶綿の 栽培から糸紡ぎ、はた織りまですべての工程をお一人でされてる方のものや、
とても 風合いのいい、柔らかな紬・・・また、機械で織っているけれど、こだわりの機やさんの反物も
どれもこれもイイなぁ・・・と。
それは 一緒にいた夫もまったく同じだったようで・・・。
ひとつひとつに 作家それぞれテーマがあって、さまざまなテーマに則って作られたもの。
それを さまざまな使い手の それぞれ違う使いやすさを追求しながら仕立ててくれるプロがいて。
作る手と使う手。
iwasakiもがんばらなきゃ・・・。
会場で手ぬぐい・りんりんさんの波待ち縞、幸運豆絞り、砂浜縞を買わせていただきました。
波に乗れないiwasakiに・・・幸運を・・・!
by senshoku-iwasaki | 2010-04-27 20:09 | いわさきのつながり
<< 工房から五十歩ほど、 工房の周りにたくさんウラシマソウが。 >>