<< 花盛り。 「2010日本の夏じたく」展、... >>
今回の夏じたく展で、
f0177373_21465432.jpg
iwasakiをお召しくださったHさま。
BagもekkaのおにぎりBagで!
お着物は、太織りシリーズの単衣です。
ここ3年ほど、日常的に紬を着て暮らしているのですが、
そうなるとダンゼン単衣がオススメ。自分で洗ってお手入れ
をして、そのうちトロンと絹ならではの風合いが増します。
だから 私は、いつでも単衣で半巾帯が定番でして・・・。
同世代のHさま、
そんな私のデニム感覚の紬に共感してくださって、
2年前の夏じたく展でご注文くださって、この日に初おろしに。
太織りは、絹糸量があるので光沢が美しいです。
やっぱり とてもお似合いで・・ウレシイです。
Hさまは 今度は青木間道をモチーフにした8寸で帯を
ご検討中と・・・いろいろご希望を伺いました。
こんなふうに ゆっくりゆっくりと永くお付き合いいただけたら
私たちはとても嬉しいのです。なんせiwasaki、
ファストファッションとは真逆の 思い切りスローファッション。
どうかどうか・・・おばあちゃんになるまでたっぷりと
このお着物を楽しんでいただけたら・・と切に願うのです・・・。




f0177373_22101388.jpg
もうお一方、やはり同世代のKさま。
4年ほど前にグレー地に小さな格子の紬をお選びいただきました。
お仕事がお忙しくて なかなか出来たお着物をお見せできなかったからと、
この日はとても暑かったにもかかわらず、袷のこのお着物をわざわざ
お召しくださって来てくださいました。ありがとうございます!!
同じような色のグレーの絹織りの着物ですが、HさまのとKさまのとでは
全く規格が違います。そのあたり・・今回の夏じたく展でも何人かの方には
お気づきいただいたようで・・・ちょっと嬉しかったです。
同じ無地でも表情が変わる、同じ格子でも印象が違う、手触りが違う。
まるでヒトの個性のように、ちょっとずつ違う織物を・・・。

Kさま、このところ茶道を始められたそうで。
クニヒサが この春織った、吉野間道の九寸『ビターチョコ』を
お求めくださいました。間道とお茶とは古くからつながりがあります。
コスチュームとしてだけでなく、時間をかけて
侘びも寂びもにじみ出てくるような、そんな帯になっていってくれたらなぁ・・
と思っているのですが。
Kさまもこの格子の紬、袷で存分楽しんだら 単衣にしたいとおっしゃって
くださって・・HさまもKさまも(そして私も・・!?)着物もヒトも共にこれからうんと
年を重ねて さらに美しく変化していけたら!!イイですね~。
by senshoku-iwasaki | 2010-05-25 22:48 | 着尺・帯
<< 花盛り。 「2010日本の夏じたく」展、... >>