<< 昨日、久し振りに(2年ぶり)ル... 花盛り。 >>
『bitter choco』
f0177373_19301080.jpg
先日 Kさんがお求めくださった九寸の吉野間道。
『bitter choco』。ビタータイプの板チョコみたいでしょう。
たて糸は、息子の通う小学校の校庭の胡桃で染めたもの。
う~ん。ナッツフレーバーな感じ(!?)
お仕立てに出す前に 写真を撮っておきました。
不思議なもので、帯地は仕立てることですっかり『帯』になる
ような気がします。当たり前のことかもしれないけれど・・・。
織物を始めた頃、あまりにもその工程の長いことに・・・
そして 苦労してやっと織り上げたものの
『あまりにもなんてことのなさ』
にカタチあるものをつくる、陶芸家や彫刻家に憧れました。
それが20年もやってると、最近は このカタチのない
平面の組成がなんとも面白く感じて・・・そして、それが和裁
という、最もシンプルな縫い合わせとヒトが着ることでガラリ
と変貌することに魅力を感じています。
どんな着物に?どんな帯揚げで?どんな帯締めを?
そして・・どんな気分の日なのかしら!?
ちょっとキモチが上がらないときでも、この帯を締めて気分
がカラリと晴れ上がるとイイなぁ・・。
あんまり甘くないというのも 時にはイイのかもしれません。
by senshoku-iwasaki | 2010-05-28 20:12 | 着尺・帯
<< 昨日、久し振りに(2年ぶり)ル... 花盛り。 >>