<< 「おバカだョ!全員集合!」 ニッポンの美しい手仕事展 >>
絹ボコリのミノムシ?
f0177373_2044533.jpg
工房の麻生平の日よけについたミノムシ。
どうやら 一歩も外に出ず、窓の桟のホコリと外から
入り込んだ木の葉の破片でお家を作ったらしい・・・。
絹ばかり織っていた時かな!?
今なら、リネンのホコリやら糸くずなんかも豊富に
あるんだけどなぁ・・・(笑)。
でも なんで?
家の中で、ウチつくって当然のように暮らしてるの?
虫ギライの私(エツコ)、なんとなくミノムシさえ素手
じゃなくてそっと紙に挟んで・・お外にお引越し。
たま~に、繭を煮て自分でまわたを作るときにも
(心のなかで大丈夫呪文を唱えつつ・・・)
なるべく蛹には目をやらないようにしています(笑)。
それにしても・・・
蚕じゃないのに、シルクの繊維で出来てる、
ミノムシのおウチ。このおウチ、ひょっとして煮たら
まわたになっちゃったりして!?
by senshoku-iwasaki | 2010-06-02 20:34 | 工房周辺
<< 「おバカだョ!全員集合!」 ニッポンの美しい手仕事展 >>