<< 銀河シルクと緒糸 山形斜文の八寸帯。 『ハルヤのカニチップ』の昔話。 >>
iwasaki的。
というものは ワカラナイけど。
派手とか地味とかでいうところの、『好み』でいえば多分・・・地味好き。
赤とかピンクとかがキライなワケではないけれど、まず自分ではなかなか取り入れないカラーではあります。
着るものともなれば尚のこと・・・。
私自身のコトだけど。
iwasakiでつくる織物は、そのほとんどが どなたかのご注文ではなくて自分たちが作りたくて作ってる織物。
自分達のなかでは そのつど規格だって違うし、糸だって絹でもいろんな表情のもの使ってるし・・・
それぞれが 劇的には違わないけど、違うのです。確かに・・・。
あんまり考えたくないけれど、もし、もしずーと売れ残っちゃったら、
「アタシが着るっ!」(半分ヤケクソ!?)覚悟で作っているので(笑)どうしても私たちの好みの色になってしまいます。
でも・・・。
たまには ヴェルナー・パントンをモチーフにした帯とかもイイかな!(いっきにここまで飛びます!)
赤に紫、黄色にブルー。
iwasaki的、カラフルな着尺や帯・・・・。
70年代っぽい感じが好きなんだけどなぁ・・・。
と言うことは・・・、
iwasakiが織るものがiwasaki的ということで。
f0177373_20294388.jpg

by senshoku-iwasaki | 2010-06-07 20:30 | 骨子・背景
<< 銀河シルクと緒糸 山形斜文の八寸帯。 『ハルヤのカニチップ』の昔話。 >>