<< パントンカラーの紬シリーズ第二... 山本きもの工房さんで >>
吉田美保子展
f0177373_19573294.jpg
糸へん『仲間』であり、私たちの友人(・・・と勝手に思って
います!)吉田美保子さんが、昨年3月に続き2回目の個展 
を『銀座もとじ』さんで開かれます。
吉田さん、細い身体で 常にエネルギッシュに制作され、
いつでもネジがゆるめのiwasakiとしましては、吉田さんに
刺激をうけてばっかりです。
ステキなDMをいただいて・・・メールをさせてもらったら
超忙しい時であろうに(同業だけに痛いほどワカリマス)
早速に返信をくださる、これまたスゴイ方なのです。
今回の吉田さんの展覧会のテーマ『中世の秋』は、20代の
はじめに2年間、吉田さんが放浪したヨーロッパが源流との
ことで・・・。 
音楽のような、絵画のような、吉田さんワールドが伝わって
きます。  

ハタチくらいの頃出合ったものというのは、
きっと人生のカギになることが多いのかもしれません・・・。
iwasakiはその頃、緑深き郡上八幡ですでに(笑)
チームiwasakiが結成されており(おそらく今のまんま)
どっぷり民藝やら、何やらに(程ほど)ハマっておりました。
いつか私たちも『その頃』をテーマに制作できたらイイなぁ。


吉田美保子展 「中世の秋」
会期 9月23日秋分の日(木)〜26日(日)
会場 銀座もとじ 和織  
by senshoku-iwasaki | 2010-09-10 20:54 | いわさきのつながり
<< パントンカラーの紬シリーズ第二... 山本きもの工房さんで >>