<< 敬老の日。 天高く 息子肥ゆる 秋。 >>
冗談のような 冗談じゃない ビューティフルサンデー
f0177373_1952262.jpg
富士山こどもの国。
随分と前から子供らに「行ってみた~い!連れてって~!」
と頼まれていたものの。冬は寒い、夏は暑いと先延ばし・・。
「明日も休みだし、仕方ない・・・じゃ、行くか!」とクニヒサ。
昨日の運動会で、親のほうが疲れて寝過ごして(笑)。
お弁当を買って、午後から入国。
娘は嬉しくって、ターザンロープで遊ぶんだ!と大はしゃぎ。
入ってすぐに、ススキの迷路。このあと地図を見て息子が、
「まずはカヌーに乗ろう!」と。
係りの方に、「まずは後にお父さん、前にお母さんが乗って
ください。真ん中にまずお嬢さん、そしてボクね。」
息子が乗った瞬間から、なんとなくイヤな予感が・・・。
考えてみたら、17キロの娘と37キロの息子。どうあっても
息子側に傾くので、(しかもカヌー、全員初心者。)
「あーた、真ん中にいてオールは漕がないでっ!!」
何度も動けなくなりながら・・ようやく元の乗り場が見えた時
なんと、息子が急に左に動き・・・。転覆。
ケータイはもちろん、今年買ったばかりのカメラも水死。
子供の着替えは持ってても、大人の準備まではしておらず
Tシャツだけお借りして、ビチョヌレで帰宅。
たった1時間ほどの富士山こどもの国。
全然遊べなかったと泣く娘・・。息子の円形脱毛症、どうも
ツイてないのは毛だけじゃなくて、息子自身?それとも親?
by senshoku-iwasaki | 2010-09-19 20:48 | 岩崎のある日
<< 敬老の日。 天高く 息子肥ゆる 秋。 >>