<< Mさんご夫妻からの。 ギャラリー工さんでの『ゆきかう... >>
クールミントカラーの生紬。
f0177373_19115722.jpg
たて糸に 
岡谷の宮坂製糸所の玉糸と、赤城の節糸に生糸。
昨日 二人ではたに巻き取って、今日はクニヒサ、
綜絖(そうこう)通しに筬(おさ)通し・・・。
私(エツコ)は、春夏向けの楊柳のストールを織り
進めております。

『工人は、手指を動かしている限り現役。』

学生の頃、山形の民藝大会で耳にした言葉。
アタマで考える程、賢い頭脳を持ち合わせていな
い私にはピッタンコな言葉。
健やかで、しなやかな陶工の絵付けや、
伸びやかで、美しい漆工の刷けさばき・・・。
数を重ねることでしか見えてこない、『キセキの美』
それはキットある、と信じています。

この生紬
たて糸はクニヒサの『気まぐれ猟師風』(笑)・・・。
一定の決まりを決めて、あとは乱調子。
よこ糸は、私の『気まぐれ猟師風』になる予定です。
さて・・・年内に織り上がるかなぁ・・・?
by senshoku-iwasaki | 2010-12-14 19:38 | 着尺・帯
<< Mさんご夫妻からの。 ギャラリー工さんでの『ゆきかう... >>