<< ギャラリー工さんでの 新春・3... Mさんご夫妻からの。 >>
今年 最後にお納めする帯。
f0177373_20293467.jpg
先月浜岡で お選びいただいた、吉野間道。
『ミルクナッツチョコ』
息子の通う、小学校でいただいた胡桃がメインの染料。
こちらをお求め下さったお客さまに、
「来年はコレにあう紬を。一見、無地のような格子で・・」
と。iwasakiをワクワクさせる・・ご要望です。
どんな、小さい格子にしようかなぁ~!

吉野間道のように、チョット手間のかかる組成は、たいてい
1、2月の落ち着いた時期に取り組んでいます。

さてさて。
来年早々のiwasakiは、チョットだけアクセルを踏み込む
つもりです。
44O(よんよんおー)シリーズと題して、シショー(師匠)。
まずは、私たちの大師匠である、故・宗広力三氏の十八番
であった、どぼんこ(段ぼかしに括った)絣をずらしで入れる
よこ絣で・・・あとはヒミツ。(・・・って、出来るかしら!?汗)
iwasaki史上初の、お太鼓柄の帯地になりそうです。
すっかり娘のお絵かき用になってしまった(笑)、48色鉛筆
を久し振りに取り出して・・・。柄と(少しでもやりやすい)方法
を捻り出している、iwasakiです。
by senshoku-iwasaki | 2010-12-17 21:12 | 着尺・帯
<< ギャラリー工さんでの 新春・3... Mさんご夫妻からの。 >>