<< 『豆象』のはなし・ストリート編 今年 最後にお納めする帯。 >>
ギャラリー工さんでの 新春・3days workshop
f0177373_19572832.jpg
初春のイベント。
ギャラリー工さんでは、
来年1月の3連休に3日間
それぞれのワークショップを
行ないます。
1発目がiwasaki・・・。
ひょっとして、新春の工さんに
暗雲がたちこめたりして(笑)。
そうならないことを祈ります。
大師匠の、故・宗広力三氏から
教えてもらった
『久米島式まわたつむぎ台』
先生は 白いまわたをひいて
カセにあげてから染めたけど、
私(エツコ)はまわたを染めて、どこにも売ってない(笑)マーブルの糸をつむいでいます。太くも細くも私の手指が
自由自在につむいでくれるようになりました。  今では、久米島でもほとんどやる方がいらっしゃらないという・・この道具を使っての体験です。ご興味のある方は、ぜひどうぞ!!

お問い合わせ、御予約:GALLERY工 03-3313-5065 info@ga-kou.com



1月8日(土) 染織iwasaki 岩崎悦子の真綿紡ぎ体験。

撚りをかけずに素材の特徴を活かし、手と指で糸を紡ぎだしていく、久米島式のつむぎ台を使ってのワークショップです。

時間 ①午後1時~2時 ②午後2時~3時  
定員 各回6名 
参加費 3500円(材料費込、お茶とお菓子付)


1月9日(日) LUNAWОRKS 高月美樹、柳家小春による、「和の心を日々の暮らしに」 レクチャー&ライブ。

新月、満ちていく月、満月、欠けていく月。高月美樹さんによる、月のリズムのお話と、 柳家小春さんのお江戸のはやり唄、端唄俗曲を愉しむ会です。

時間 午後1時~(終了予定午後3時)  
定員 30名  
参加費 3000円(お茶とお菓子付)
高月美樹(たかつきみき) 和文化エディター。女性編集者を経て、身体感覚を取り戻すためのモノサシを探して、旧暦に辿り着く。 2002年より和文化ダイアリー「旧暦日々是好日」を編集・発行。

柳家小春(やなぎやこはる) '91年、粋曲・新内の名人柳家紫朝に入門。 新内、端唄・俗曲、三味線弾き唄い、寄席高座出演を経て、現在はライブハウスなどで活動中。


1月10日(祝・月) 立川こはる落語会。

演目は当日のおたのしみ。ワークショップならではの趣向で、高座の後には、自由参加のカフェタイム付です。

時間 開場午後1時半 開演午後2時  
定員 30名  
参加費 1500円(お茶とお菓子付)
立川こはる(たてかわこはる) 1982年生まれ。2006年立川談春に入門。前座修行中。
by senshoku-iwasaki | 2010-12-18 20:29 | 展示会・お知らせ
<< 『豆象』のはなし・ストリート編 今年 最後にお納めする帯。 >>