<< 明日、最終日です。 ギャラリー工さんでの 新春・3... >>
『豆象』のはなし・ストリート編
iwasakiはココ、南部町に住んで12年。

それまで千葉に住んでいたので、車は必要に迫られたコトもなかったのだけれど。
「ここでは車がないと、どこにも行けないからね。それと、えっちゃんも車を運転出来ないと、ホントに不便だからね。」
と、この町を紹介してくれた川合さん(今、展示会でご一緒している)に言われて・・・。
仕方なく、20代の最後に千葉の教習所に通ったものの。
会う教官、会う教官・・・必ず同じコトを聞かれ・・。
「イワサキさん、ホントに免許、必要なんですか?」教官。
「は・・・。田舎に住むコトになりまして。」私。
「私があなたの家族なら、あなたに車はオススメしませんが。」教官。
「は・・・。私もそう思います・・・(トホホ・・・)」私。
どーにかこーにか・・・オートマ限定を手に入れて(笑)・・・

はたおりだけで二人で暮らしていくことを決めたのだけど、さぁ、車!何がイイんだろう・・・?
クニヒサだって、高校時代に取った以来のペーパーで、車など語れるハズもなく・・・。
私(エツコ)の一番上の兄に相談すると・・・。(この兄、音楽とそのテの話にはとてもアツいのだ・・・)
「まずは、キミたちの生活が成り立つかどうかもわかんないんだから、お金はかけられないというコトだね?」兄。
「そうそう・・・。初期設定もだけど、維持費とかも。でもクラフトフェアとか引越しとか荷物は乗らないと・・」iwasaki夫婦。
「・・・となると。ホントはサンバーがオススメだけど、今のキミたちには中古でもハードルが高い・・・。」兄。
「なんか出物がないかしらね~?」私。
「まさに出物!お兄様がなんと、キミたちにピッタシの出物を探し当てたワケだ!」どや顔の兄。
「29万円のホンダのストリート、おまけに車検がなんと2年もついてる上物!!」更にどや顔の兄。
連れられて行った先は、iwasaki夫婦にとっては初めての中古車街道・・・。
ココかな?まだかな?アレアレ・・・にっちゃん、そこはスクラップ専門じゃ・・・!?
クレイジーケンバンドの、『中古車』を始めて耳にしたとき、兄に連れられていったあの日が浮かびましたが。

その、ホンダストリートが初代『豆象』。
by senshoku-iwasaki | 2010-12-21 21:09 | iwasakiの持ち物
<< 明日、最終日です。 ギャラリー工さんでの 新春・3... >>