<< ガーナチョコのような八寸帯。 どんど焼。 >>
やっと織り上がった・・・。
f0177373_19491966.jpgクールミントカラーの生紬。
時間が・・・結構かかりました。
前半はクニヒサの屋根裏改装で、落ち着かず。
後半は、本職の大工さんが工房の改装に入ったりで。
クニヒサのインパクトドライバーは、安物なので軽~い音
がしていましたが、さすがプロ、お道具の音から違います。
「私もマキタ製の力のあるヤツ欲しいかも!?」クニヒサ。
「日曜大工とかキライなのに?」私。
「そーでした。でも、道具もイイのはカッコイイ。」クニヒサ。
そういえば。
iwasakiのはた織りのお道具は、ほとんどが京都西陣の
はた道具だけれど、確かに他の地方の道具に比べると
『シュッ』とした京都らしい美しさがあるかも・・・。
オール手動の古典的なお道具類だけど、さすが都製です。

今日はクニヒサも『ガーナチョコ』のような八寸を織り上げて。
午後3時ころから二人で 裏庭の積もり積もった落ち葉と、
山の水が湧いてくる溝のドロ払いを。ちゃんととりかかった
のは七年ぶりなので、ものすごいコトになってました。
今度は その湿気た裏に、コンクリート工事が始まります。
・・・じゃないと、夏場の『ヤマヒル』が怖くてぇ~。
考えてみたらこの工房、実に七年掛かりでやっと住めるよう
になりつつある・・・感じ。お金がないから、一つずつしかプロ
に頼めない分、イロイロ考える楽しみがあります。
by senshoku-iwasaki | 2011-01-19 20:24 | 岩崎のある日
<< ガーナチョコのような八寸帯。 どんど焼。 >>