<< このところのバタバタで・・・。 石積みのある風景。 >>
新作の。
f0177373_2026689.jpgジュートと絹の半巾帯は、たて糸に色があります。
古い対馬麻の風情の半巾が作りたくて、前回作ったものは
たて糸の絹が黒でしたが。
前回よりも 更にしっかりとしたものが作りたくて、たて糸の
密度がかなり たっているので・・・。開口の度、パラパラ・・・
雪のようにジュートの繊維が降ります。
綱麻(つなそ)とも呼ばれる、ジュート麻。
呉服の世界では、まず使わない素材。
理由は・・・、
『高級じゃない』から『パラパラ落ちる』から・・・かな。
高級な絹糸と同じか、もしくはそれ以上の手間をかけて織る
のに、荷造り紐を使うなんて!
「それなりに高いモノに見えな~い!」って声が聞こえてきそ
うで・・・(笑)。
iwasakiでも作るのに勇気が要ったもののひとつ。
でも、だから面白い素材のひとつ。
織ってる間、ただひたすらに繊維を落とします。
織り上げたら、よーくよーく洗います。ザブザブと。
ぱんぱん!と叩いて、更に余計な繊維を落として乾かして。
何度かお使いいただくうちに・・・
ジュート特有の匂いも、余計な繊維も落ちた頃・・・。
しっとりとした、美しいツヤまで生まれます。


f0177373_20263345.jpgなんだか。
全然カッコつけてないのに、カッコイイ男前な感じがして・・・。
半巾帯大好きな私(エツコ)にとっては、このシリーズが
キングオブ半巾。締め心地バツグンです。
なんせ、荷造り紐ですから~(笑)。
ただし・・・。織るのは大変・・・。
蔵前のクニヒサの実家で、先代からお付き合いのある酒屋
さんに頂いた前掛けが助かります。
これは(沖縄の泡盛なのかな!?)、最近のモノらしいのだ
けれど・・・。「エツコさんは、汚い古いモノも好きよ~」と、
母が言ってくれたらしく・・・。先日どっさりと、年季のたった
「お年賀」とのしのついた前掛けを頂きまして・・・。
それらがまたイイ感じなのです!!
染めの具合も、腰紐の織り紐も・・・。
長いこと倉庫の片隅にあったらしく、「カビ臭いから洗ってね」
とダンボール一箱分!!
ジュート麻を使ったシリーズ・・・。こりゃ、一生作れそう(笑)
この新作の半巾帯は、2月に名古屋のMONONさんに出品を予定しております。
by senshoku-iwasaki | 2011-01-26 21:39 | 着尺・帯
<< このところのバタバタで・・・。 石積みのある風景。 >>