<< 織り上がったばかりの・・・。 幸せの青い蝶だったかも!?。 >>
生紬、第二弾は。
f0177373_2054943.jpg
流れる川の水のよう。
前回と同じ、クールなグレーをベースに、ブルーパープルと
ちょっとだけグリーンがちらちら・・・と。
たて糸の縞は、これまたクニヒサの気まぐれライン(笑)。
(『計算ラインと言ってくれ~』と声が・・・。)

工房裏の土手の土を掻き出したら・・・出てきた石積みは、
もともとこの家の主が、なんと1キロ坂を下った先にある
川原から、1個ずつ持って上がったものだそうで。
『えぇ~っ!?』ってくらい大きな、抱えきれない岩も入って
いたりします。

「俺っちが二十歳くらいのときにョ。
親父と一緒に積んだんだ。まだ車がなかったからナ・・・。」
おととし、天国に旅立つ直前まで、竹やぶを整備していた
元気なお爺ちゃんでしたが。
その、お父さんが積んだ石に、ちょうどこんな色目の石が
あります。水に濡れると特にキレイ。

『井戸端のお父さん』が積んだ石がもっと見たくって。
大量の落ち葉と土砂の掻き出し作業、仕事の合間を見て
は・・・まだまだ続いております。
by senshoku-iwasaki | 2011-01-31 20:46 | 着尺・帯
<< 織り上がったばかりの・・・。 幸せの青い蝶だったかも!?。 >>