<< みんな大好き!『峠のラーメン』。 着々と・・・。 >>
青木間道をモチーフにした八寸帯・網代縞バージョン。
f0177373_20345022.jpgこの間織った、ジュート×絹の半巾や角帯のときに
伝統的な『三つ崩し』を取り入れて。
タテもヨコも色目の違う糸を、交互に入れるコトで生まれる
籠目のような柄に、さらに組織を入れるコトでもう少し・・
奥行きが出るといいなぁ・・と、クニヒサの新作です。

iwasakiは、超(!?)伝統的な織り技法を用いつつも
意外に新鮮みたいな(!?)提案を・・・と思っておりまして。
色や柄だけじゃない、組成の面白さや目の錯覚・・・。
シンプルって、簡単そうでいて 簡単ではないコトでして。
単純なんだけれど、単調じゃない、ナントカ風じゃない、
力強い織物が作りたいなぁ・・・と。

iwasaki、一つのシリーズが出来るのには時間がかかる
けど。一度出来ると、しばらく変化し続けます。
これなんか、青木間道をモチーフにしてるけど、だいぶ
遠いところに飛んできてしまいました(笑)。
ルールが決まるコトで、自由になれる・・・不思議なパワー
がプクプク・・・(パワー小さめ!?)と湧いております!!

まっ黄色いスギ花粉の風が舞う、南部町(泣)。
ツルツルの服に、大きなマスクに・・・
メガネをかけて・・ガンバリマス。
by senshoku-iwasaki | 2011-02-28 21:30 | 着尺・帯
<< みんな大好き!『峠のラーメン』。 着々と・・・。 >>