<< 久し振りに整経。 入学の日。 >>
もや。
f0177373_20551111.jpg薪のことを、ここいらのおじさんたちは『もや』と言う。
見ようによっては、『カッチョイイ』かも!?の工業系
の箱に、キッチリ『もや』を一日分。
この家の、北側の部屋を大工さんに改築してもらった
ときに出た梁も、壁だった杉板も・・・全部『もや』。
停電のときでも明るくて温かい、薪ストーブが我が家
では大活躍。小さなものだけど。放っておけばゴミ
でも小さく切って揃えれば立派な燃料だから、
急に有難くなります(笑)。
「外国製の、スゴイ薪ストーブだったら、大きいまま
放り込めるんだけど、短く切るのが大変ナノヨ・・・」
これまた・・・地元のおじさんたちに笑われるくらいの
小さなチェーンソーで、格闘するクニヒサ・・・。
「ダメダメ~っ!そんなイイ薪ストーブだったら、廃材
なんて入れられないっ!!買ってこなきゃいけない
『もや』なんて『もや』じゃないっ!」私。
「じゃ、売ってるのは?」息子。
「薪!」
by senshoku-iwasaki | 2011-04-08 21:25 | 岩崎のある日
<< 久し振りに整経。 入学の日。 >>