<< 三渓園での『日本の夏じたく』。 生紬・サヤサヤルルル。 >>
どうにかこうにか・・・。
f0177373_16365237.jpg間に合った九寸帯地、『吉野格子に○』。

マルは元気の象徴。ココロが満たされるカタチ。
四角四面な吉野間道のなかで、ポワーンと膨らむ楽しいマルは、
影となる部分から絣を合わせていくのです・・・。
影をつくることから生まれる、光のマル。

かなり・・・メガサイズなiwasakiのマル、湯のしは間に合わなかっ
たけど、あさってからの『日本の夏じたく』展に持っていきます!

夏らしくはないので・・(笑・初秋から・・・といった感じですネ・・)
iwasakiブースの奥のほうに・・ひっそりと出そうと思ってます。
お天気は・・・雨になりそうですが・・・。
よろしかったら ぜひ、ご覧になってくださ~い!!
by senshoku-iwasaki | 2011-05-25 17:01 | 着尺・帯
<< 三渓園での『日本の夏じたく』。 生紬・サヤサヤルルル。 >>