<< 追い老い。 アトリエプラトーの美しい蚊やり。 >>
ハチミツ。
f0177373_20345467.jpg町内に住むNさん、先日の工房展ではちみつをくださって。
「えぇ~っ!?ハチを飼っているのデスカ~!?」
と、私(エツコ)はかぶりつき。だってだって・・・
ハチとヤギを飼うコトが、田舎に住んだらやってみたかった
20代の頃からの夢なんだもの。
でもiwasakiは、展覧会の度に家を空けるし、それにココには
『山ヒル』や、もっと大きい『馬ヒル』なんて恐ろしい生き物が
生息してるから、かわいいヤギちゃんが血だらけ・・・なんて
ことを考えただけでも怖くて(笑)。ヤギは諦めたものの。
ミツバチには興味津々。
「でもエツコさん、ハチミツ採りと聞くと、裕福で知的な人の
趣味・・みたいな気がするんだけど・・巣箱とか遠心分離機
とか・・お道具もお高いもんじゃないのぉ~?おまけに難し
くて結局ダメでした~みたいな結果になっちゃうんじゃ・・」
とまぁ・・・クニヒサはかなり現実的。
確かになぁ・・・。カンタンなんて思っちゃぁいないんですケド。
Nさんの、薫り高いヌーボーなハチミツを、パンケーキにつけ
ながら・・・『自家製』という言葉につくづく弱い自分に気づき。
ハチミツにもいろいろあるけれど。レンゲやアカシア、みかん
や、モチノキ・・・。いろんな花の蜜、百花蜜もその時期、場所
でその都度違う・・・それがまたたまらない・・。
iwasakiの織物の原点も、『自家織物』という、我が家の味。


f0177373_20352623.jpg「イワサキさん、今日は雨が降らないみたいだから、
これから蜜を採るからウチに来ませんか?」Nさんから電話。
二人で押しかけると・・・。あま~い香りが・・・。
Nさんのご主人が、穏やかにいろいろ説明してくれ・・・。
Nさんご夫妻は、東京から2年ほど前に移住され、それまで
何年かやはり養蜂をされている方について教わったのち・・
こちらでお二人で趣味としてされているのだそうで。
いつの間にか・・・
私より、クニヒサのほうが質問をしておりました。
町内、といっても・・・車で20分はかかるけど。こんな近くに
相談にのっていただける方があれば、ひょっとしたら
出来るかも!?とか・・・。私のキモチもとろ~んとなり初め
たころ・・・。
「天敵はスズメバチかな。そうそう、去年は大スズメバチに
襲われてね~。大変だったんだョ。その、にっくき大スズメ
バチがコレ!」
Nさんのご主人が取り出したビンには、焼酎づけにされた
でっかな、大スズメバチがいっぱい・・・。
自家製ハチミツ・・・。
やはり。かなり・・・ハードルが高そう。
by senshoku-iwasaki | 2011-06-10 21:55 | 工房周辺
<< 追い老い。 アトリエプラトーの美しい蚊やり。 >>