<< 昼トントン、夜ヨリヨリ。 梅酢よ、あがれ。 >>
はた周りのものさし。
f0177373_19501923.jpg杼(シャトル)を置く小箱の中には
いろいろなものさしが常駐。織るものの色やハリに応じて・・
メモリが白で背景が黒のタイプ、グニャンと曲がるタイプとか
着尺や帯地などは、鯨尺で計るけど、柄によっては一分が
大きいときがあったり・・・で。どちらかというと、センチタイプ
を使うコトが多い、iwasakiの最近。

クニヒサが腰を痛めてから、子供の通学のバス停までの
お散歩(トレーニング!?)は私がついているのだけど・・。
娘の手を握ったら、手のひらはマメだらけ。体操選手か!
どうやら、鉄棒や運ていの練習が大好きらしく、ちょっとした
晴れ間を狙ってはやっているらしい。
小1の娘のサルっぷりの運動神経は、小3の息子の学年
でも有名らしく。40キロ超のアニキのほうは、逆上がりなん
て論外で、『秘技・ブタの丸焼き』なんてレベルなものだから
「妹以下でくやしくないの?」なーんてクラスメイトに言われ
たらしいのだけど。
「ぜーんぜん!だって妹のものさしと、オレのものさしは違う
からって言ったらさ、秀才のSくんも唸っちゃったよ。」
なぜか得意顔の息子。「なんじゃ、そりゃ。」私。
「ものさしは、人それぞれみんな違うって言ったのは、
かぁちゃんじゃんっ!」
そんなコト言ったかなぁ・・・。にしても。理屈っぽいデブって。
by senshoku-iwasaki | 2011-06-22 20:31 | 岩崎のある日
<< 昼トントン、夜ヨリヨリ。 梅酢よ、あがれ。 >>