<< ケースメント・white・ri... 『手しごとの夏』 >>
『素材を愉しむクラフト展』~触れる、纏う、彩る~
f0177373_21215034.jpg伊勢丹新宿店・本館5階=ザ・ステージ#5にて。
iwasakiは7月27日(水)~8月1日(月)まで出展します。
この会期は7月20日からはじまりますが、
iwasakiは後半の6日間のみの参加です。
前週の、日本橋三越から引き続き・・・会場には私(エツコ)か
クニヒサが立つ予定でおります。

裂き織りのトートバッグは、長~いタイトルでして・・・。
『イマサラノ・フタリヨガリノ・フタタビノ・フクロ』シリーズでして、
サイズやマチ、とってが何種類かありまして。
キホン的に、買い物袋です。なので、内ポッケはありません。
と、いいますのも・・・。
『供米袋』(くまいぶくろ)と呼ばれる、巾着袋があるのですが。
昔、お寺さんにお米を持ってゆく、枡の入る正方形の巾着袋は
家中の、ありったけのキレイなハギレをパッチワークしたような
巾着袋なのです。
私が始めてそれを知ったのは、10代後半の織りを始めた頃。
高山の古道具屋で出合ったそれは、高級な着物の生地なんか
一つも入ってない、地味なものでしたが。ちょっと昔の日本人の
つましくて驕りの無い、愛に満ちた美しいモノに見え・・・。
こういう織物を作りたい!と心から思った『供米袋』との出会い。
あれから20年が過ぎ・・・。
そういうモノへのオマージュとして作ってみました。これから
ずっと作り続けたいなぁ・・・。と思っているシリーズです。
by senshoku-iwasaki | 2011-07-08 22:04 | 展示会・お知らせ
<< ケースメント・white・ri... 『手しごとの夏』 >>