<< サイトウカツヨさんのガラスのうつわ。 裏庭の土砂崩れ。 >>
12月のギャラリー工さんでの展覧会に向けて。
今年は12月3日(土)~12月10日(土)までを予定しておりまして。
この展覧会、ずっと自分たちで企画して発表してきた・・・好き勝手なiwasakiと、ekkaの年に一度の展覧会。
ジャコブウールという、ブランケットなどに向く固めのウールを使って・・・コートなどを作ってきましたが。
今年で14年目になりますが、初回からずっと使ってきたこの素材が、なんと手に入らない!というアクシデント。
日本ではあんまり人気が無いこの素材・・・。
使い始めは若干硬くて、糸のなかに残った剛毛が・・チクチクしたりするのだけれど。
それでもiwasakiは大好きで、使い続けているのには理由がありまして。
この素材、使い込めば込むほどに剛毛は無くなり・・・トロンとフワンと身体に馴染むのです。
それはまさに、紬そのもの。
この、ジャコブに私(エツコ)が久米島式まわたつむぎ台を使って紡いだ、マーブルまわた糸を織り込んで
自分で縫って作ったのが、『iwasakiのドンザジャケット』第1号。工さんでの「ゆきかうもの」展1回目のDMです。

不況が続き・・糸偏業界はとにかく厳しい話ばかりです。
ジャコブウールも、大手がトン単位で仕入れることが出来なくなったのでしょう・・・。
原材料も安定して売れる素材や、新素材に変化しつつある・・ということでしょうか。

さてさて
iwasakiはどうしましょう。なんとかずっと・・在庫をあたってもらっているところですが・・・
ご注文いただいいている、キモノ用マントはどうにかお納めしたいっ!!と願いつつ・・・
どうしても無理なら、シルクで作れたらいいなぁ・・と、コートやマント地のシルク規格を検討中。

とりあえず
今年はサカタに、キモノの上に着ることのできる、羽織のような絹製のジャケット(!?)カーディガン(!?)
をリクエスト中。どんなモノが出来るかしら!?「出来ない」って言われるかも・・・(笑)
それでもなんでも・・今、私のはたの上では5メートルほど織り進めております。
(この15年ずっとこんな調子、でもカタチにしてしまうサカタはスバラシイ!!そんなサカタ頼みのekka。)

今年の工さん、
iwasakiの織物で、春夏秋冬を表現できたらなぁ・・・とずっと温めてはいるのですが・・・。
出来るかなぁ・・・。
by senshoku-iwasaki | 2011-08-30 19:42 | 素材
<< サイトウカツヨさんのガラスのうつわ。 裏庭の土砂崩れ。 >>