<< 日置先生。 AP-28の張替え。 >>
書家の、小熊廣美さんの。
f0177373_21202375.jpg字なのです。
このブログのネームカードにも使わせていただいております。
小熊さん、ホームページが新しくできたそうで、見せていただいたら・・
カッコイイのです。・・・やっぱり書家、なんだなぁ・・と。

iwasakiは、生きること=つくること、食べること、おしゃべりすること
心動かされること、人とかかわること、ときに腹をたててみたり、
お腹を抱えて笑ってみたり、そしてゆっくり寝ること・・・


小熊さんにとっての『書』というのも、まったく同じなのだと思いました。

なんだかよくワカラナイのだけれど、織物をつくりながらいつも思うのは
『美しい』はいろんなところに潜んでいるのでは?と。
キレイな、ペン習字のような字は練習すれば書けるけど、人の心を動かす
のはたぶん、そういうキレイな字ではなかったり・・・。
キレイにお掃除されていて、なんにもない部屋は『キレイ』でも『美しい』
のとは違うように・・。

小熊さんの、多種多様な『書』は、とてもソウルフルで私たちは大好きな
のです。
by senshoku-iwasaki | 2011-11-18 21:47 | いわさきのつながり
<< 日置先生。 AP-28の張替え。 >>