<< 染織iwasakiとekka ... 日置先生。 >>
会えて嬉しかった・・・郡上尾崎のパン屋さん、平和パン。
f0177373_19535081.jpg今から23年前のこと。実は同じ歳だけど、1年後輩で郡上
にやってきたクニヒサに、先輩面して教えられるコトは郡上の
B級グルメくらいだった私(エツコ)・・・。
「あーた、『尾崎のパン』行ってみて。そりゃ、スゴイから」
「エツコさん。たしかにあそこはスゴイです。だけど、看板も
無いのによく見つけましたね~。」クニヒサ。
「フフ~ン。あたしゃ、臭覚と自転車漕ぎでこの町を回ってる
のよーん。あと、職人町の先にあるお豆腐屋さんもオススメ。
そこは豆腐の看板があるからわかりやすいわよん。・・・」
てな具合で。四半世紀前は、『クウネル』感たっぷりだった
iwasaki青春の、郡上八幡町でしたが。
学校を卒業して郡上を離れてから、名古屋に続く高速道路
が出来・・・便利になって少しづつ変わってゆく町。
日置先生のお宅は、『大和インター』を降りてすぐだけど、
『郡上インター』は、私が最初に下宿させてもらっていた民宿
『奥美濃荘』の近くだし、その近くにこの『尾崎のパン屋』
さんがあるから・・せめてそこだけは覘きたい・・せっかく
郡上八幡まで来たんだもの・・。
クニヒサが学校新聞で、郡上の名物を紹介することがあった
ときに取材させてもらったのもこちら・・。
たしか・・ご主人は、戦争中に兵隊仲間からパンの製法を習
い、戦後から奥様と始められたと聞いたような・・。
大正12年生まれ・・・って、一体いまおいくつに?

f0177373_19541926.jpgあの頃とまったく同じ、ガラス戸の向こうにいらっしゃるのは
紛れも無く、あのご主人っ!うぅっ・・うれしいっす。(涙)
こちらの人気商品のメロンパンは、これからのようでしたが、
そんなコトはもう、どうだってよくなっちゃって。(笑)
とりあえずあったパン、全部いただいてしまいました・・・。
食パンも、チョコパンも、マヨネーズパンもおいしかった!
川に面した、こちらの工房兼お店兼、ご自宅。地下がご自宅
のようで、夕方伺うと地下から「いらっしゃい」って出てきて
くれるのだけど。当時からこの間取り、老夫婦に住みにくくは
ないのかしら!?と要らぬ心配をしましたが。やっぱり要らな
かった・・。始末よく、丁寧に生きている人に、バリアフリー
もバリアアリーも関係無いのだなぁ・・・と。
こちらのパン屋さん、名前がイロイロあるようです。(笑)
私がいた頃は、『尾崎(町名)のパン』か『平和パン』でした。
60年以上やっているんだもの・・。名前の二つや三つあって
もイイなぁ・・。
・・なんでだろう。『何も変わらない』に、涙がでるくらい
強く強く憧れます。それはあの頃以上に・・・。周りがどんだ
け変わっても、こちらのご夫妻のように、穏やかに『何ひとつ
変わらない』を貫いて生きてゆけたら・・・。
iwasakiもまだまだ・・あと三つくらい名前をつけられるまで
ガンバリたいと心から思いました。
どーか、どーか、お元気で!!また伺いますっ!
by senshoku-iwasaki | 2011-11-21 21:14 | 岩崎のある日
<< 染織iwasakiとekka ... 日置先生。 >>