<< Mさまのコート。 絹糸の精錬と薪割り、障子の張り替え。 >>
おかげさまで、ステキなティータイム。
f0177373_20131566.jpg陶芸家の砂田政美さんは、日ごろからお世話になっている・・
iwasakiにとってアニキ的存在のお一人。
同じ山梨県でも、南部町からだと身延を超えて鰍沢も超えて、
旧六郷町も超えてだんだん空気が澄み切ってくる・・・
旧三珠町。車で1時間チョット・・のご近所(!?)さん。
砂田さん、何度か展覧会でご一緒させていただいておりまし
て、美しくて使いやすい磁器のうつわを制作されています。
まだウチの子供らが1,2歳の頃に、頂いたこども茶碗は
それぞれに愛用させてもらっていまして。『手に馴染む』と
いうのは、こういうコトなのだなぁ・・というのを実感する日々。
ただ・・小3のでぶっちょな息子は最近、こども碗では3杯飯。
「うつわと、かぁちゃんのごはんがイイからだよぅ~」と
調子のいいコトをほざくようになってしまった息子に、大人用の
お茶碗を・・と思ったのだけど。砂田さんのお茶碗がこれまた
とってもステキ過ぎる・・・。息子にはもったいないっ!!
いやいや・・こんな息子にこそ、目にも手にも美しい器で育て
なきゃいけないのかしら!?とかと、クニヒサと二人で心の
葛藤が止まらない・・・(笑)。
しのぎの、エスプレッソカップ&ソーサーと6寸皿、これから
iwasakiのティータイムに登場回数が多そうです。
by senshoku-iwasaki | 2011-12-21 20:59 | いわさきのつながり
<< Mさまのコート。 絹糸の精錬と薪割り、障子の張り替え。 >>