<< 糸口を捜す糸の八寸帯地。 Aさまのまわた系紬。 >>
煤払い。
クリスマスはとっくに過ぎたのに、我が家にはまだツリーにリースが・・・。
クリスマスに旧暦もないよなぁ・・・とはわかっているはいるのだけど。
今年は終わろうとしているのに、終わらない終わらない・・いろんなコトが・・(涙)
まずは年賀状とか(トホホ・・)。何をするにも、時間ばっかりかかるのがチームiwasaki。
冬至から始めたのに、いや、そんなにかかってるシロモノとは・・自分でも思えないっ(泣)
小1の娘は、チャッチャとタツノオトシゴとか描いちゃって「できたぁ~!」と一抜け。
結局。
小3の残念な息子と、残念な時間を共有してしまう年末。今年もかっ・・・。
いかんいかん・・。
昨日今日と、子供らには児童館に行ってもらって、どーにか書き上げたときには肩と首がパンパン。
クニヒサは、宮坂さんのキビソ糸をタテとヨコで使った八寸帯地にかかっているのだけど、セリシンが残っている
ものだから、アレルギー反応が出るので(笑)。集中できずに休み休み・・・。
郵便局で集荷は4時!と聞いたので、ナントカ間に合わせてから、一家で町内の温泉施設『なんぶの湯』に。
平日の早い時間だったのもあって、すいていてラッキー!ジェットバスに打たせ湯・・とろけるぅ~。
長湯が出来ない、クニヒサと息子を30分は待たせて(笑)今年の煤を落とした気分。(大掃除はまだだけど。)
みんなでお腹を空かせて・・久しぶりに『峠のラーメン』へ!みんな大満足。
「かぁちゃん、今日はとうちゃんの気が利いてた?]息子。
「気が利いてたね~。最近急に冷えて、足の筋も痛かったしさぁ・・『峠』も今年もう一回は食べたかったもんね~」私。
「かぁちゃん、ボーナス出てよかったね。」息子。
・・・ボーナス!?染織iwasaki、なんか・・シケてるなぁ・・。まぁ、いいか。
by senshoku-iwasaki | 2011-12-27 22:06 | 岩崎のある日
<< 糸口を捜す糸の八寸帯地。 Aさまのまわた系紬。 >>