<< サーベルと金髪。 糸口を捜す糸の八寸帯地。 >>
お迎えの仕度。
f0177373_20545368.jpg明日になったら、一夜飾りだし、今日は大安だし。
我が家の薪ストーブは小さいので、薪はまる鋸で
切れるくらいがベスト。クニヒサの体力的にも・・(笑)。
電源の関係で玄関前が作業場となるので、薪の準備が
終わってからでないと・・木の粉だらけ・・。
毎年年末は、エツコの実家の千葉に行き・・両家の
お墓参りをして、新年はクニヒサの実家の東京で過ごす
のがこのところのiwasakiだったのだけど。
今年は工房に引越しをして。この集落、元旦に六地蔵さん
のいる高台で、初日の出を拝みながらの『新年互礼会』と
いうのが慣わし。元旦の朝7時に集合って・・勤勉っ!
「紅白を見て、ゆく年くる年見て、そのあともダラダラ
お笑いとか見てさぁ~朝方寝て、昼前に起きて・・
お雑煮食べるのがフツーなのかと思ってた・・」私。
「お酒呑める人はさ、あったかいしイイんだろうけど
寒いよねぇ・・・きっと。私、初日の出なんて見に行った
経験も無いんだよなぁ・・。」クニヒサ。
来年は、三が日を過ぎて5日くらいから両家の里帰りを
しようか・・と。だとすると、薪が足りない・・。
今日は二人でせっせと薪づくり。家の裏や周りの落ち葉
掃除をして、夕方からようやく玄関の周り・・・。
来年もどうにか健康で、仕事に励めますように!年神様、
ご先祖さま、六地蔵さま・・ヨロシクお願いいたします!
by senshoku-iwasaki | 2011-12-30 22:09 | 岩崎のある日
<< サーベルと金髪。 糸口を捜す糸の八寸帯地。 >>