<< 桜で染色。 2月1日から新宿伊勢丹に・・・ >>
綾をとる。
f0177373_20405466.jpg綾は大事。なんといっても。
綾を落としてしまっては、織物は出来ません。
織物の見所は、色、柄、詩情・・・ばっかりじゃなくて。
淡々と、積み重なってゆくこの綾に、次に出来る織物の
イメージが明確にフツフツ・・・と。
織物のイメージは出来るのだけど。
『染織iwasaki』なんていうと、まるで企業みたいだけど
実はたった二人っきりの手織り業(笑)。
展示会や、個展、注文制作・・・。やってみたい試みや、
新しいコト・・。自分たちの全体の仕事のイメージはなかなか
出来ませんで(涙)。おまけに天然のボケが加速中。
今まではスケジュール帳は、クニヒサと共有していました
が、そうなるとすぐにお互いを当てにして忘れる・・(笑)。
もともとiwasakiは二人して、
『オレがオレが』じゃなくて『キミがキミが』の精神・・。
2月3月と新宿伊勢丹のイベントがあって、2月には今年も
名古屋のMONONさんでの『伊勢木綿展』に、半幅帯を出展
を予定してまして・・。
4月~5月には愛知県刈谷市の雅趣kujiraさんで、新作の
帯、着尺を出展・・そして5月には夏じたく展のほかに
能楽師の兄の神楽坂のスタジオでイベントを計画中・・・。
あわわ・・。先週、今週、来週・・とずっと手は動きっぱなし。
スケジュール帳を確認しつつ、綾をしっかりとらないと・・・。
by senshoku-iwasaki | 2012-01-20 21:39 | 工程
<< 桜で染色。 2月1日から新宿伊勢丹に・・・ >>