<< 紬着尺・『視覚詩・Ⅲ』 八寸帯地『アカギブシノコブシ』その2 >>
桜の散る頃出てくる・・?アミガサタケ。
f0177373_211257.jpg月曜日からせっせと・・・5月の神楽坂と、横浜三渓園での
『日本の夏じたく』展のご案内を、封書にする作業をはじ
め・・・。今日午後、やっとメール便にお願いして。
それまでも、ご案内づくり中も・・ずっと気になっていた
のが、裏庭にパラパラパラと降り積もる落ち葉。
草も出てきたし、ここで一掃しておかないと大変なコトに
なるぅ~っ!!これで暖かくなると、落ち葉にヒルがきちゃう
かも。そこで・・午後から裏庭の大掃除。
ネコに7杯分、全て裏山の樫の落ち葉!!フツーの庭掃除
のレベルじゃないって・・と、文句たれながらも楽しい作業。
クッタクタになるまでがんばっちゃいまして。
「エツコさーん、加減しないと。また腱鞘炎とか困ります」
クニヒサ。
「ひゃ~。づかれたぁ・・・。あれぇっ!?これキノコ?」私。
「うわっ!キモチわるっ!あっ、アミガサタケじゃ・・?」
クニヒサ、こういうときにはすぐ調べ始め・・・。
デブのくせして、キノコ類は食べない息子も見るのは大好
き。「フランス料理に出てくるって!?高級ってコト?」息子。
「チョットチョット・・父ちゃん、500g1万円って!?」息子。
「それは、ちゃんとフランス産だよ。」クニヒサ。
「でも、これは食べてみよう・・。」クニヒサ。
「えぇ~っ!!いっちゃいますか!?絶対死なない?」私。

f0177373_2115348.jpg『高級』に目がくらんだ男二人、念入りにまた調べ。
「かぁちゃん、コレは大丈夫。茹でてからバターでソテ
ーがうまいって書いてあるよ。」息子。
「あーた、食べてみる?」私。
「お、オレはチョット・・どうしよっかなぁ・・。」息子。
書いてあった通りに、茹でこぼして水洗いして・・
ニンニクをバターでこんがり炒めてからソテー。
「うんっ!キノコっぽくない!食感がイイ!」クニヒサ。
「なんか、ホルモンのゼンマイとか・・内臓っぽい見た
目がねぇ・・。」私。
『高級』に目がくらんだのか・・?キノコ嫌いデブまで恐
る恐るパクリ。
「んっ!確かにキノコっぽくないかも!?」息子。
「いや、この食感はエリンギ。」冷静に娘。
「あ・・じゃ、オレやっぱりダメ・・」息子。
結局、アボガドと豆腐のサラダの上に乗っけられ・・・。
ほとんど食べたのは、クニヒサ。
by senshoku-iwasaki | 2012-04-19 22:30 | 工房周辺
<< 紬着尺・『視覚詩・Ⅲ』 八寸帯地『アカギブシノコブシ』その2 >>