<< 2012・梅雨の工房展始まりました。 床の間の。 >>
少年よ、大志を抱け・・・るかなぁ?
f0177373_2022687.jpg学校行事の振り替え休日となった、今週の月曜日。
息子の念願だった、『ONE PIECE展』を見に六本木に。
平日なのに、二日前に予約をしようとしたところ・・
なんと、夕方6時から7時半の時間帯しか開いておらず。
それも、田舎には滅法少ないセブンイレブンでの予約の
みというから・・・ここから車で40分ほど出かけ(笑)。
「次の日学校だし、どうする?」クニヒサ。
「とうちゃん、頼むよぅ。絶対授業中寝たりしないから」
(それが、日常的に居眠りしてるのが、息子なんだけど)
息子の涙のお願いに、夢をかなえるお父さん。
「かぁちゃん、どうしよう?ドキドキが止まらない」息子。
いいなぁ。ドキドキなんて。あたしゃ、動悸ならあるけど。
さすがは大人気『ワンピース』展。すごい人・・。それも
老若男女・・人気の幅の広さというか、普遍性というのかしら
会場の構成や、映像の仕掛けなどなども大人も子供も釘付
け。感動して涙目の息子を見て、こっちまでウルウル!?
少年ジャンプに掲載中のワンピース、現在66巻まで出てい
るのだけど。児童館にはほぼ全巻揃っているそうで、1年の
頃から日々・・読み込んでいる息子。
「おぉっ!このシーンは、34巻のナントカの章に出てきて・・」
とか。キモチ悪いというか(秋葉的というか)覚え方をしている
息子。何か独り言をつぶやく度に、回りにいる大人とか少年
に「コイツなかなかやるな」みたいな視線を浴び?得意気。
物語は、友情や正義が複雑に描かれた青春群像。
嗚呼。息子の海馬よ。どうして学業のほうはさっぱり取り込んでくれないの?(涙)

赤ん坊のときに、親がひょっとして天才!?と思うような珍事件(!?)がどこの家でも一回はあると聞くけれど。(特に男子)
確かに息子は1歳のときに、当時のお気に入り絵本『よるのようちえん』を丸暗記していてビックリさせたことがあり。
2歳から6歳まではウルトラマンシリーズが好き過ぎて、歴代のウルトラマンに出てきたウルトラ怪獣のほとんどを網羅。
ところが。
「この間、3才年下の従弟の『やっちゃん』がウルトラマンが好きっていうから、マニアックなところでオレのコレクションのウルトラ怪獣のソフビをあげようと思ったんだ。でも、怪獣の名前は出てくるんだけど、それが何のウルトラマンに出てきたかがどうしても思い出せないんだよ。『出て来い出て来い』ってアタマ叩くんだけど、これがまるで漢字テストのときみたいでぇ・・・。何かを得るというコトは何かを失うというコトなんだねぇ・・。」まるで他人事のように息子。

容量が小さい、というコトは・・・。間違いなく親譲り。そりゃ、学業まで取り込めないわけだわねぇ・・・。
by senshoku-iwasaki | 2012-05-31 21:59 | 岩崎のある日
<< 2012・梅雨の工房展始まりました。 床の間の。 >>