<< 『ぜんまい』、早速稼動。 『小森虎機料店』 >>
はじまりの朝。
昨日が夏休み最後だった、我が家の子供たち。
前日にどーにかこーにか・・宿題を全て終えた息子を待って(笑)、お父さんにポケモンの映画に連れて行ってもらい
ご満悦。

三渓園での来年の『日本の夏じたく』展の、スタッフ会議が今日あるので、クニヒサは夕方から上京することとなり、
夕べは新学期の持ち物の準備をする、子供らに調教(!?)を試みる私。
なんせ、ぐちゃぐちゃ・・・・。
おまけに、通知表の一学期の先生のコメントに対して、家庭からのコメントを書かなきゃならない・・・。
書かれている内容は、息子なんざぁ入学以来ずっと同じ、『身の回りの整理整頓が苦手のようです』。
あわわ・・・。・・・そーでしょーねぇ。こちらからのコメントも毎回同じ、『すみません、家庭でも更に気をつけさせます。』
「持って行くものを、一つずつチェックすること!」
「筆箱の中身、クーピー、絵の具、なくなってる色がないか確認!」ごちゃごちゃでフタも閉まってない息子。
キキィ~っと血圧が上がりそうなところをナントカ押し殺して・・・仁王立ち。
ランドセルと手提げに、荷物が全部収まったところで。
「二人とも机の上と中の大掃除っ!!机の上は、何も無い状態よっ!」私。(ホントは自分も出来ない・笑)
およそ・・・勉強とは関係無いモノだらけで、ノートを広げるスペースすらない机の上。わかっちゃいるけど・・・
つい、こうなっちゃうのが人間味というもんだとも思うのだけれど。いやいや・・・今日の私は一応母親として・・・。
子供らに偉そうに叱るのも、心の葛藤が止まらないのは特にこのあたり・・・。
「教科書や、辞書や、参考書みたいなモノはこの棚のココ!って決めておけば使ったらスグ戻せば広がらない
でしょう。机の真ん中のスペースは、キホン何も置かないコトで、すぐに宿題にとりかかれるの!わかった?」
わかっていたって出来ないコトがわかってる(!?)自分自身・・・。
それでも、宿題の作文で消しカスでいっぱいだった机の上も、小さな箒で掃いて・・雑巾で拭いて・・・。
スバラシイっ!!劇的ビフォーアフターの子供部屋に!!
すぐに褒めちぎりたいところを、これまたナントカ押し殺して・・・。正座。
「ハイ、ここにあーたのこれまでの反省と、これからの改善の約束をしなさい。」おぉ、我ながら波平さんみたい!
「身の回りの整理整頓を気をつけます。机の上は必ずこの状態にします。」息子。
「約束破ったら?どう責任とるの?」ホントは全く期待しちゃいないけど、一応今日は波平さんの風格で、私。
「えっ!?急に涙ポロポロ流しながら・・・ゲームやりま・・・せん。」死ぬほど辛そうに・・息子。
娘にも同等の約束をさせたところで・・・。
「よろしい。この夏休みのボーナスゲームポイント!100分だ!」
「やった~っ!!ありがと、かぁちゃんっ!!」

そんなこんなで始まった、二学期の朝。
子供らの大荷物を持ってやり・・時間に余裕を持ってしばらく歩いたところで・・・。
「あれ?にぃちゃん、学校なのになんでサンダル?しかも父ちゃんの。」娘。
「!!!」
結局。
大荷物と大焦りで、朝から汗だくになったのは私。
息子よ。頼むから、ちゃんとしてくれ。
by senshoku-iwasaki | 2012-08-28 10:06 | 岩崎のある日
<< 『ぜんまい』、早速稼動。 『小森虎機料店』 >>