<< ekkaのサカタに送る生地。 モーター付きカセ上げ機。 >>
整経。
f0177373_185512.jpg世界のグーグラーじゃなかった、iwasakiの『グルグラー』
といえばクニヒサ(笑)。
カセから木枠にグルグルグル・・・と、回転数を数えながら
巻き上げるのだけど。先日手に入れた、『ぜんまい』だと
とりあえず木枠に上げるところまでは・・何カセか同時に進
めることが出来はしますが。そこからもう一度、整経に必要
な量=回転数分巻きなおす・・・という作業になります。
iwasakiでたてるタテ糸の長さは、長くても全長25mくらい
ということがほとんどなので、小分けしないとならないのが
残念といえば残念なわけだけど、ほぼ毎日のようにクニヒ
サ『ぜんまい』を稼動させております。
これは次にかかる、昼夜織りのマフラーのタテ糸でシルク。
ヨコにはウールが入ります。こういうツルっとした、絹糸は
『ぜんまい』は得意みたいだったけど、今日かけた着尺の
タテになる、玉糸は苦手だったようでクニヒサ、つきっきり
の糸巻きとなりました(笑)。さすがグルグラー。
機械まかせだけには出来ないって感じの背中(笑)。
『ぜんまい』のグォ~っというモーター音が、『生産中!』
と言ってるようで・・・なんだか活気付いているような気に
なってるつもりのiwasakiなのですが・・・。
家内制手工業化にはナカナカなれそうもありません。
by senshoku-iwasaki | 2012-09-10 21:18 | 工程
<< ekkaのサカタに送る生地。 モーター付きカセ上げ機。 >>