<< ようやっと織り上がった・・・新... 秋真っ最中、竹風堂の栗もなか。 >>
秋真っ最中、松本・翁堂の『大菊最中』。
f0177373_20284437.jpg先週の松本でのイベントは、松本市でも中町という風情の
ある町並みにある、なまこ壁の蔵が会場でした。
チョット外に出れば、昨日の栗もなかの竹風堂さんや、
ちきりや民藝店さんや、この翁堂さんのお店もありました。
新婚時代に松本に暮らしたころ、開運堂さんの季節限定
(だったような・・?)の最中が好きでした。翁堂さんは初め
てです。どこのお店やさんでもそうなってしまうのだけど・・
あれもこれもどれも・・・美味しそう!!選べな~い!現象。
店名の翁の『翁最中』にお饅頭をイロイロ・・と。それから・・
「『翁最中』はお茶餡ですが、粒餡ならこの『大菊最中』で
すかねぇ。」お店の方。
「おぉぉ~っ!華やかな菊ですね!じゃ、こちらも!」私。
開運堂さんが、東京の虎屋さんみたいな店舗なら、中町の
翁堂さんは、どらやきで有名なうさぎやさんみたいな感じか
なぁ・・・。ご進物というより、今日のお茶の時間に。といった
具合かなぁ。どちらもイイなぁ。
こちらの『大菊最中』、かなりしっかりした粒餡がぎっしりと
詰まっておりました。
秋晴れの今日、裏庭の小さな池で大きくなってしまった・・
カキツバタの株を、クニヒサと二人で移植しまして。
秋なんだなぁ・・・。と実感。二人でこの最中を熱い緑茶で
いただきまして。最近急速に頭頂部が薄くなったクニヒサと
人生の秋も実感してしまった・・私(人のコト言えない・笑)。
by senshoku-iwasaki | 2012-10-19 22:08 | 最中
<< ようやっと織り上がった・・・新... 秋真っ最中、竹風堂の栗もなか。 >>