<< parade・2の湯通し。 山の男の、春の味。 >>
お帰りなさーい!の、ブランケット。
f0177373_2052650.jpg12日間も入院したコトになってしまった、小2の娘。
昨日から元気に学校に復帰して、いつもの小生意気な
口を訊くように・・・。体調もおしゃべりも絶好調の様子。
私のほうは、結局克服できなかった車の運転とか・・・。
テンテコマイの仕事のしわ寄せとか。憂鬱なキモチは
ちっとも晴れないのだけれど。
入院中は、夜になると心細くて私に「帰らないで」と泣いて
いたくせに。(でも、クニヒサにはそれは無かったらしい・・)
入院が決まったその日に、たまたま私が羽織っていたの
がこのブランケット。多分娘が生まれる前から使っているの
だけれど。(たしか・・コレは、クニヒサが織ったもの。)
娘、涙をポロポロ流しつつブランケットの房をしっかと握り
「コレは置いていって!」結局娘の物質(!?)に(笑)。
「お母さんの匂いと、ウチの焚き火みたいな薪ストーブの匂
いがして落ち着くの。」・・・と、病院の布団を掛けずにコレ
にミノムシみたいに包まって寝ていたらしく(笑)。
川崎病の回復期には、どういうわけか手足指の皮が剥け
るらしく、ブランケットもなんだかヒドイ目にあった入院中。
週末にちゃーんと洗いまして、弾力も増してフワフワ!
リビングの定位置に戻ってきたものの。
学校から帰ってすぐおとなしく宿題をしているのかと思った
ら、学校で飛ばしすぎたのか(笑)娘がコレを掛けて
スースーお休み中。おやおや、またアンタかいっ!
by senshoku-iwasaki | 2013-02-13 21:01 | 纏う布・暮らしの布
<< parade・2の湯通し。 山の男の、春の味。 >>