<< 絣括って、ほどいて染めて、また... 久々の440シリーズ、絣くくり。 >>
今年の夏じたく展で、コラボ予定の八寸帯地。
f0177373_20234336.jpgもう、来月のことにになってしまいましたが・・・。今年も
5月17日(金)~19日(日)の3日間は、横浜・三渓園での
『日本の夏じたく』展ですっ!!
iwasaki、今年で6回目の参加になりますが、
毎年思っていたことがありまして。
出展する、別のジャンルの方とコラボがしたいなぁ・・・と。
今年は、日本刺繍の飯島桃子さんとコラボが出来そうです。
銀河シルクの山形斜文の、キッチリダイヤのシリーズの真珠
色を織ったときに、タテをほんのり黄色にして黄味の強い
パールに飯島さんの刺繍が入ったらステキ!!・・・と思った
ので、それをコラボ用に織ってみました。それと以前に制作
した、亜麻と苧麻と絹のシンプルな格子の八寸帯地と。
先日飯島さんにお預けさせていただきまして・・・。ワクワク。
あとは飯島さんにお任せいたしましたっ!!(織り逃げ・笑)
私たちも楽しみです!!

iwasaki工房は、いつも以上に(!?)ごった返し(笑)。
5月は夏じたく展の前に、5月1日(水)~10日(金)まで久し
ぶりに『春の工房展』をココ、南部町の工房で開催いたしま
す。夏じたくまでに、昨年からご注文いただいている大島紬
の裂き織り半巾の準備を進めながら・・・ショール『sunrise』
を織りつつ・・クニヒサと『440シリーズ』を。
小学校の家庭訪問の季節。工房と家が一緒の悩み・・・。
今年もまた・・片付けられそうもありません(涙)。
by senshoku-iwasaki | 2013-04-15 21:46 | いわさきのつながり
<< 絣括って、ほどいて染めて、また... 久々の440シリーズ、絣くくり。 >>