<< 有刺鉄線のような繋ぎ糸。 最近織り上がった八寸帯地。 >>
『アラビヤン焼そば』の遠ーい記憶。
f0177373_20103534.jpg小5の『やや肥満』息子の土・日の
『勝手に昼食』は、カップめん!
それもカップやきそば『ペヤング』や
『UFO』などなど・・・。あらあら、
いけませんねぇ。高カロリー!
「かぁちゃんは、何が好きだった?」
「うーん。カップやきそばが出る前だ
ったのかなぁ・・。昔、袋麺でホラ
なんでかターバン巻いたインド人の
ようなソースやきそばあったじゃん」
「何それ?」クニヒサ。
「えっ!?知らないの?うそ?」私。
ゼッタイあったんだけどなぁ・・。
たまに父と二人っきりのときとかに
作ってもらった記憶が・・・。
週末、岩崎家の法事で千葉にある
お墓に行った際、見つけました!!
なんとコレ、私より2つ年上の1967
年生まれなのだそうで、全国区で販売するもあんまり売れず・・・千葉と茨城県の一部で販売されたものらしく・・。
蔵前生まれのクニヒサは、見たコトもないパッケージに興味津々。私(エツコ)は懐かしさに狂喜乱舞(笑)。チビッコたち
はしらけた顔で「へぇ~、そーだったのか・・・」
『アラビヤン焼そば』、熱烈なファンも多いらしく。今では全国区で買い求めるコトができるそうですが・・・。
南部町からもほど近い、富士宮の大型スーパーとかでも見たコトはないような気がするので、やっぱりマイナー商品かも。
by senshoku-iwasaki | 2013-06-25 20:59 | 岩崎のある日
<< 有刺鉄線のような繋ぎ糸。 最近織り上がった八寸帯地。 >>