<< ルーツを辿る珍道中。その2 iwasaki、東京ショールー... >>
ルーツを辿る珍道中。その1
f0177373_16504738.jpg

6年前に103歳で天寿を全うした、私(エツコ)の母方の祖母。その七回忌の法要に、80歳の母と共にiwasaki家では
初となる、九州旅行に行ってまいりました。
母は、かなり足腰が悪く・・・。旅の歩行が困難になってきているので、昨年の山陰修学旅行(!?)のときと同じく発案
は私。企画実行はクニヒサ!という・・iwasakiスタイルで。3000キロを超える車の運転は、全てクニヒサが担当(笑)。
5泊6日の長旅の、最終日にクニヒサ以外は飛行機で帰るコトにして。母の体力温存のために簡易車椅子を持っての
旅も初めてでしたが、母は見たがっていた門司港もゆっくり見物できて、カメラでパチパチ!
お寺さんとお墓は、祖父の出身地の雲仙・島原。祖父母一家が暮らしたのは、福岡・大牟田。母たちが戦中疎開してい
たのは、熊本・植木あたり・・・。今回は、そんな母のルーツを辿りながら・・iwasaki的にどうしてもチョット寄りたい(笑)
ホットなスポットを(無理やり!?)織り込ませての旅でした。
門司の前には、岡山・児島のデニムストリートに立ち寄って。ニッポンが誇る、上質なデニムの発信地でパワーをいた
だきました。
iwasakiが目指す織物は、キモノではあるんだけれど上質なデニムのような手織り物。丈夫で高そうに見えないけど(実は、材料費も高くてチョットお高くはなってしまうのだけれど・涙)着込むほどに味わいを増し・・・結果的に高くは無かった、と思えるような織物です。
児島では、たくさんの若い方々のフレッシュなエネルギーを感じて・・・。手織りのギョーカイにもこんなエナジーがやって
くるといいなぁ・・・なんて。門司の跳ね橋を見ながらぼんやり思いました。       つづく。
f0177373_1804033.jpg

by senshoku-iwasaki | 2013-07-30 18:06 | 岩崎のある日
<< ルーツを辿る珍道中。その2 iwasaki、東京ショールー... >>