<< ルーツを辿る珍道中。その3 ルーツを辿る珍道中。その1 >>
ルーツを辿る珍道中。その2
f0177373_2002334.jpg

九州における、iwasakiのパワースポットといえば・・・日田の皿山・小鹿田の里でして。昭和30年発行の柳宗悦編纂
の『日田の皿山』を神田の古本屋さんで買って・・・クニヒサとビンボー旅行に出かけたのは、20年くらい前に遡ります。
~まだ訪ふ折を有たない人に私は日田行を勧める。~の、宗悦の記事は初め・・・昭和6年に『西部毎日』佐賀版に寄
稿した『北九州の窯を見る』と題したものの一部というから・・・勧めから60年以上経って私たちは出かけたのだけれど。
すでに平成になっていたのに、その神々しいまでの民陶の里にすっかりやっつけられてしまいまして。
川の水力を利用して、土地の陶土を細かくし、水に晒して・・・陶土を作るのは女の仕事。カタチにするは主人の仕事。
とにかく当時でさえ、日田の町からバスで行ったのだけどそれが大変時間がかかって・・・。こんな山奥に人が住んでる
なんて!!着いてみると、10軒ほどの世帯がみんな窯元。きっと、四六時中焼物なのだと。生きる=小鹿田焼なのだ
と・・・。機織りだけでまだ喰うコトすら出来ていなかった20代半ばの私にとっては、死ぬほど恋焦がれる暮らしでした。
私たちにとって・・すっかり聖地となったこの地には、機織りだけで生活する!と心に決めて今の南部町に移り住む前、
20代の終わりにもう一度訪れてから・・・いつの間にか17年ほど経っていました。

小鹿田の里は、あの頃とほとんど変わっていませんでした。
ただ大きく変わっていたいたのは、人(観光客!?)が大勢訪れていたことと、民陶ブームでモノがあまり無いという
これまた羨ましい(笑)現実でした。忙しそうに発送の準備に追われているご主人や、息子さん・・・。
都内のショップや、民藝店にはきっと・・・完成度の高いモノが並んでいるのかもしれませんが、やはりココは聖地。
伸びやかで、生き生きとして、チョットだけ歪だったりするチャーミングな器たちを少し頂きました。
嬉々とテンション揚がった私に、子供たちもなんでか吊られて(笑)自分たちの取り皿を自分のお金で買っていたので
大きくなってもこの日のコトを、お皿を見て思い出してくれたら嬉しいなぁ・・・。なんてったって聖地ですから~。

何も変わらない、なんていうのはゼッタイあり得ない、一見変わっていないように努力しながら・・・少しずつ変化させてい
るのが、本当の伝統なのかも。この地でこの仕事を若い人が引き継ぐ・・・コトの重みは、20代の私には解らなかったの
で・・・。40代になって少しだけ成長したのだとしたら・・・巡礼の甲斐がありました。       つづく。
f0177373_21243777.jpg

by senshoku-iwasaki | 2013-07-31 21:26 | 岩崎のある日
<< ルーツを辿る珍道中。その3 ルーツを辿る珍道中。その1 >>