<< ルーツを辿る珍道中。最終回 ルーツを辿る珍道中。その3 >>
ルーツを辿る珍道中。その4
f0177373_2115289.jpg

「植木あたり・・・木葉(このは)に女学校があってね。下駄を滅多に買ってもらえないから裸足で歩いてね。学校近くにな
ってから足洗って下駄履いて通ったの。」母。
「えぇ~っ!?足怪我しないの?」息子。
「したした~。でも、下駄が割れたりしたら・・学校に裸足では行けないじゃん。」母。
「雨でも?」娘。
「雨はね、傘が無かったから休まなきゃなんなかった。」母。
「いいなぁ~。休みなんて!」息子。
「ちっとも良くないよ~。最初から女学校に行かせるお金が無いって親から言われてたんだもん。早く止めろって、結局
戦争が激しくなって退学させられたんだよぅ。」母。
「ばぁばは、学校行きたかった?」娘。
「すごーく行きたかった!本当はね女学校は卒業して、看護婦さんか学校の先生になりたかったんだ、婆婆は。だけど
なってたら、千葉のじぃじと出会わなかったろうし・・・あんたたちとこうして旅行なんて出来なかったから、退学させられ
てヨカッタってことかもね~(笑)」母。
「しょーこは勉強はキライだけど、学校は好き!」娘。
「じゃ、たっぷり学校楽しみなさーい(笑)」母。
こんな会話をしながら・・・母のリクエストの田原坂へ。
「・・・田原坂、といいますと・・・・?」私。
「へっ!?あーた、日本史で習ったでしょ!?」母。
「うーん・・・。『越すに越されぬ田原坂・・・』なんかうっすら・・・?あれあれ!?なんだったけなぁ・・・?」私。
「あーあ、あーたたちのお母さんも困ったもんだわね~(笑)学校行ったハズなのにねぇ・・。」母。
田原坂資料館で、子供たちと一緒にわかりやすいビデオも見せてもらって・・・小学生レベルで納得の私(笑)。

熊本からフェリーで長崎・島原へ。
我が家の子供たち、今回初体験の乗り物その1のフェリー。
デッキに出て、恐々海を眺めてみたり、売店で友達のお土産に、『くまもん』グッズを買ってみたかと思ったら・・・
息子はいつの間にかドーナツに牛乳まで持ってる(笑)。「何喰っても旨いんだわ~」息子。お前もか。
息子がドーナツ食べてる間に島原に着くと、海沿いをずーっと南下して・・・島原の先端!?千葉なら千倉みたいな(笑)
白浜海岸で子供たちお待ちかねの磯遊び。
翌日はいよいよ・・・今回の旅のメインイベント、祖母の法要です。             つづく・・・。
f0177373_22433165.jpg

by senshoku-iwasaki | 2013-08-02 22:44 | 岩崎のある日
<< ルーツを辿る珍道中。最終回 ルーツを辿る珍道中。その3 >>