<< 猛暑のある日。 ルーツを辿る珍道中。最終回 >>
新作の無地紬は、地紋シリーズ。
f0177373_2034118.jpg

組織の入った織物は、凹凸ができるコトで生まれる・・・光や影が、平織りのときとは違います。
タテとヨコの色を変えるとより、玉虫感(!?)が面白くなります。写真の色だとよくわからないのだけれど・・・。
タテはチョコレート色。ヨコはミントグリーン。チョコミント着尺です。
四角の大小で丸く見せる伝統的な織りの技法ですが、iwasakiでは初の試みです。
綾織りの着尺のときもそうでしたが。こういう規格の場合に、ヨコに生糸を入れると・・・
ツルツルピカピカの見るからに高級織物!!といった風情になります。
でも、つむぎ糸を使うコトで少しだけマットな感じとなり・・・
また、まわたのつむぎ糸は、太さが不均一のために見え方が複雑となり・・・
私たちは好きな表情なのですが。これからは、このシリーズにつむぎ糸だけではなく『光沢が魅力』といった
今までiwasakiであまり取り掛からなかったようなモノが出来てもイイなぁ・・・と思っているところです。
この新シリーズ、今日からクニヒサが織り始めています。
私はまだ・・・綾織りの紬を織っておりまして。
6月から3反目の綾織り紬、みんな違うのだけどなんとなく似ているので・・・
ずっと景色の変わらない、国道52号線を走っている気分(笑)。私が織っているのは、杉綾ですから
杉ヒノキのここいらの山のようですが。クニヒサのほうは、ポワーンポワーンと・・・風船に乗って天まで?
プクプク・・・とあぶくになって海の中へ?
この丸のサイズも、カラーもこれから・・・イロイロ作ってみたいと思っております!
by senshoku-iwasaki | 2013-08-05 21:55 | 着尺・帯
<< 猛暑のある日。 ルーツを辿る珍道中。最終回 >>