<< 日本刺繍の飯島桃子さんから・・・ 第一回特別展・神戸 染織こうげい展 >>
きのことみかんとかめむしと。
f0177373_19113572.jpg

朝 登校する我が家の子供らと・・・1キロ山道を下ったバス停まで同行するのが
僅かばかりの私(エツコ)の運動でして。帰りの登り道は、なるべく大股で(笑)ロングブレス~。
雨上がりの朝は、キノコとの遭遇率が高い秋。

「うわぁ・・・。かぁつん、このキノコ、紫色でキレイだね。」娘。
「なんとなく食べられそうな感じのキノコだね~。
でも、ムラサキシメジとコムラサキシメジは食べられるけど、ウスムラサキシメジだったら毒キノコ
なんだって~!!残念ながら・・あたしゃ、ぜーんぜん区別つかないけどね。」何にも詳しくない私。
「うひゃ~っ!!ヤダやだ。オレは給食のシメジだって困ってるのに。
危険を冒してまで野生のキノコにトライするってゆーのは、まーったく理解できない!」キノコ嫌いの息子。

今年は(南部町だけ!?)山の実りが豊作なのか、この山道途中の柿の実もまだたわわに生ったまま。
いつもだったら、サルの大群があっという間に持って行っちゃうところだけれど。
そういえば先月も、この坂道の山栗を数粒だけど(笑)、娘が拾ったなんてのも・・この数年来初めて。
そんなわけでなのかなぁ・・・?
我が家の庭に、もともとあった温州みかんの木。
本来サルは、酸っぱいみかんはあんまり好物じゃないらしいのだけれど、ドングリや柿が不作のときには
黄色に色づき始めたところで・・・食い荒らされてしまうので。
青いうちに採って『自家製みかんポン酢』を作っていたのだけれど。今年はなにやらチョット違う感じ。
こんなに樹で黄色に熟すまで生っているなんて!
一つたべてみてビックリ!子供の頃食べた、ちょっと酸っぱい懐かしいみかんっ!
いつもならチョットどころじゃない(笑)超酸っぱいみかんなので・・・。
超酸っぱくてもOK!な、我が家のチビッコたちだったけど、これならギリギリまで甘さを狙うコトに・・・。

みかんが豊作だからかなぁ・・・。
カメムシがいっぱい。
洗濯物に、干した布団に、工房内にもブイーンと・・・。
怒らせないように・・・ほうきに移動させてお外にポーイと逃がすのだけど・・・しばらくするといつの間にか
また家の中に・・・。今日だけで20匹は移動させたんだけどなぁ・・・。
怒らすと臭いし、苦手なムシなんだけど・・・。
なーんか無碍に出来ないのはアタシ、前世はカメムシだったりして!?オヨヨ・・・。
f0177373_2103263.jpg

by senshoku-iwasaki | 2013-11-05 21:01 | 工房周辺
<< 日本刺繍の飯島桃子さんから・・・ 第一回特別展・神戸 染織こうげい展 >>